Powered By 画RSS
スポンサードリンク


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リコー、家庭用プリンター参入検討 インクジェット基幹部品性能向上

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 やるっきゃ騎士φ ★ 2012/05/22(火) 15:14:09.13 ID:???

リコーは21日、家庭用のインクジェットプリンター市場への参入を検討していることを明らかにした。
同社は2004年から業務用のインクジェットプリンターを展開しているが、新開発の基幹部品で大幅な性能向上とコスト削減が可能となったことから、家庭向けでも競争力を発揮できると判断した。

新開発したのは、インクを噴射する「ヘッド」で、噴射量の制御に使う半導体部品(圧電素子)。
従来に比べ解像度が高く、部品数の削減でコスト低減が図れるという。
リコーはこの新ヘッドを採用したインクジェットプリンターを、まず2013年末以降に業務用に投入。
その後、産業用に使うデジタル印刷機にも採用するほか、同部品の製造技術の外販も検討する。
さらに、同部品を活用した家庭用モデルの開発にも取り組むほか、価格競争力のある新興国向け専用モデルの開発も進める方針だ。
同社は16年ごろまでにインクジェットプリンター事業の売上高を「少なくとも現状の3倍にする」(幹部)計画で、家庭用や新興国への拡販で目標の達成を狙う。

家庭用インクジェットプリンター市場は、キヤノンやセイコーエプソン、米ヒューレット・パッカード(HP)などが高いシェアを握る。リコーが新たに参入すれば業界の勢力図に影響を及ぼす可能性もある。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120522/bsg1205220502003-n1.htm
リコー http://www.ricoh.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7752


続きを読む

スポンサーサイト
[ 2012/05/22 16:38 ] ビジネス・経済 | TB(0) | CM(0)

名古屋港に計画の「レゴランド」 ホテル併設、16年春開業

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 のーみそとろとろφ ★ 2012/05/18(金) 14:20:31.16 ID:???

 名古屋港に子ども向けテーマパーク「レゴランド」を核とする複合施設の建設を計画している英GCDS社のV・ナザン最高経営責任者(CEO)が17日、名古屋市内のホテルで記者会見し、200室規模の「レゴホテル」も併設して集客増を図る考えを明らかにした。2016年春のオープンを目標に詳細を決める。

 レゴランドはブロック玩具「レゴ」をメーンにしたテーマパーク。名古屋では金城ふ頭の伊勢湾岸道路・名港中央インターチェンジ付近に建設する計画で、従来は15年の開業を目指していた。実際に完成すれば、今年9月にオープン予定のマレーシアに次ぎアジアで2カ所目となる。

 GCDSグループはレゴランドを世界展開する英マーリン・エンターテインメンツから日本事業を任されている。ナザンCEOは「リテール(小売り)、ダイニング(食事)、エンターテインメント(娯楽)の3つが基本」と話し、大型のショッピングモールやレストランの集積にも意欲を見せた。近く名古屋市内に日本法人を開設する。

 名古屋市の河村たかし市長は同日の定例記者会見で「東京と大阪の真ん中にあるのが名古屋のアドバンテージ」と述べ、今年夏の訪米時にレゴランドを視察する考え。16日には来日したマーリン社のトップから表敬訪問を受け「名古屋のみなさんが期待している。早く造ってください」とお願いしたという。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C889DE6E3E7E1E4E2E2E2E3E5E2E7E0E2E3E09EEBE3E2E2E2;av=ALL


続きを読む

[ 2012/05/19 06:52 ] ビジネス・経済 | TB(0) | CM(0)

家賃は高~くならず 「スカイツリー効果」賃貸物件の影響は限定的

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 やるっきゃ騎士φ ★ 2012/05/15(火) 09:54:22.38 ID:???

東京スカイツリー(東京都墨田区)の完成後の家賃相場調査で、ツリーが見える部屋の家賃が「上がった」と答えた不動産会社は約1割にとどまることが分かった。
調査結果を公表した住宅・不動産情報サイトを運営するホームアドバイザー(東京)は「ツリーのブランド化がまだ進んでいないようだ」としている。

4月9~13日、ツリーから3キロ圏内の不動産会社72社に電話で調査。
ツリーが見える部屋の家賃が上がったと答えたのは7社だけで、上昇幅は大半が3千円以内だった。

同じマンション内でツリーが見える部屋と見えない部屋に家賃差があるかどうかで「差がある」と答えたのは2・8%にすぎず、同様の質問で43・8%となった東京タワーと大きな差が出た。
調査の担当者は「『ツリーが見える部屋は家賃が下がりにくい』との声もあり、プラスの影響があることは間違いない」と話している。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120515/trd12051509110004-n1.htm
産経新聞本社屋上から見た東京スカイツリー
http://sankei.jp.msn.com/images/news/120515/trd12051509110004-p1.jpg
■ホームアドバイザー http://www.home-plaza.jp/coInfo/coAnnai.html
 2012.04.18 オープン目前!東京スカイツリーが周辺の家賃相場に与える影響は? (PDF180KB)
 http://www.home-plaza.jp/coInfo/icons/pr120418_skytree.pdf


続きを読む

[ 2012/05/16 01:38 ] ビジネス・経済 | TB(0) | CM(0)

学歴詐称疑惑の米ヤフー・トンプソンCEOが辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 やるっきゃ騎士φ ★ 2012/05/14(月) 08:19:13.85 ID:???

[サンフランシスコ 13日 ロイター] 学歴詐称をめぐって批判が高まっていた
米ヤフーのトンプソン最高経営責任者(CEO)が辞任した。
ヤフーのCEOが辞任するのはここ3年間で3人目。
CEO辞任は、ヤフーの大株主であり、学歴詐称問題を最初に指摘したヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダン・ローブ氏の勝利。

ヤフーは声明のなかで、暫定CEOにはグローバル・メディア部門責任者のロス・レビンソーン氏が就任すると発表したが、トンプソン氏辞任の理由については、明らかにしていない。またヤフーは、委任状争奪戦となっていたサード・ポイントと和解し、サード・ポイントが擁立していた4人の取締役候補のうち、3人を指名することで合意したという。

トンプソン氏は就任後わずか4カ月で、ヤフーを去ることとなった。
グーグルやフェスブックなどライバル各社との競争激化のなか、成長の活性化を目指すヤフーにとって、大きな打撃となりそうだ。
ヤフーは、2月に退任したロイ・ボストック取締役会会長の後任として、新取締役のフレッド・アモロソ氏を指名したことも明らかにした。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84C00Z20120513



続きを読む

[ 2012/05/14 23:41 ] ビジネス・経済 | TB(0) | CM(0)

日韓「電池」戦争 サムスン、LGの強さに学べ 進化が止まった日本企業

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2012/05/13(日) 19:01:24.97 ID:???

 リチウムイオン電池(Lithium-ion rechargeable Battery、以下「LiB」)生産国内トップのパナソニックは2011年9月、携帯やパソコンなど向けの小型民生用リチウムイオン電池を生産する住之江工場(大阪府)の増設を中止した。旧三洋電機も含め8カ所あった拠点を4カ所に集約し、中国での生産比率を、現在の1~2割程度から15年度を目処に5割にまで高める。第2位のソニーも、12年1月、国内で行ってきた組立工程をシンガポールと中国に移すことを決めた。

 「韓国勢の猛攻勢で小型民生用では利益が出せない状況」(関係者)。韓国のサムスンSDIとLG化学は、この10年間、大規模投資を続けて価格を下げ、シェアを獲得してきた(表)。小型民生用で苦しくなった日本勢は、電気自動車(EV)など車載用や、住宅向け蓄電池など定置用の中大型LiBに希望を託してきた。技術開発の余地が大きく、日本勢の優位性が発揮できるからだ。

 しかし、11年度、テレビ事業などで大幅赤字に追い込まれた日本の電機各社は、LiB事業でもまずコスト削減を優先し、止血を急がなければならなくなっている。事実ソニーの平井一夫新社長兼CEOは、4月12日の経営方針発表会で、事業ポートフォリオ見直しの一環としてEV向け及び蓄電用途の電池事業について、他社との提携も検討していくと述べた。
市場が未発達で、いまだ大きな収益が見込めない中大型LiBに、どれだけリソースをつぎ込めるか、我慢比べの時代に入っているといえる。

 韓国勢は中大型LiBでも攻撃的だ。LG化学は昨年4月、韓国国内に年間10万台のEVへの電池供給能力を持つ工場を完成させた。さらに、13年までに2兆(約1400億円)を投じ、米韓で工場を増設。EV換算年35万台分の供給体制を構築し、15年までに世界トップシェアを目指す。

 米GMのEV「ボルト」、米フォード、韓国・現代自動車、さらには車載用電池メーカー・オートモーディブエナジー(AESC)を抱える日産自動車と連合を組む仏ルノーからも受注を獲得している。

 小型民生用で先行したサムスンSDIは、中大型ではLG化学より出遅れているといわれているが、20年までに車載用LiBの設備投資と研究開発に4500億円を投じる計画だ(表)。
独ボッシュと設立した合弁企業SBリモーティブで、15年までにEV換算年18万台分の供給能力を築く。米クライスラー、独BMW、米部品大手デルファイから受注を得ているという。

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120511-00000312-wedge-bus_all
小型リチウムイオン電池メーカー別シェア
http://amd.c.yimg.jp/amd/20120511-00000312-wedge-000-0-view.jpg

(つづく)


続きを読む

[ 2012/05/14 06:23 ] ビジネス・経済 | TB(0) | CM(1)
Powered By 画RSS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。